「鋏ケースdeひまつぶし」








 新年、明けましておめでとう。今年もよろしく!
今年は体調管理をしっかりとやって行こうと思うよ。体調が悪いと色々大変だからね。喘息、風邪も良くなったし、歯もやっと落ち着いたよ。でも次に歯医者に行くような事があったら、今、通っている歯医者は変えようと思ってね。
今回の治療の初日、午後の7時に予約を取っていたのに、呼ばれたのが40分も待たされたからね。それ以上かな、7時前には着いていたからね。そもそも銀歯が取れて予約を入れるのに3週間もかかったうえに待たされるし、2回目は同じ午後の7時の予約で、その日は時間通り問題はなかったけれど、3回目は同じ時間の予約で50分も待たされたよ。俺、あまりにも呼ばれなかったから、時間、間違えたのかと思ったよ。帰りに診察カード見たら、間違ってなかったね。しかも前回の治療で歯の噛み合わせが悪く、それを削って終了。50分待たされ、治療は5分くらい。歯医者事態が午後の8時で終了。だから、終わらせたかったんだろうけれどね。俺の治療はあとは歯石を取って終わりのはずだったのに、また行く破目になったよ。こんな歯医者だから今度は変えるよ。歯医者だけでこんなに時間使うのは嫌だからね。
よし!!今日も始めるかな。









今回は鋏のケースを作ってみよう











一見、大丈夫そうだけど、鋏とケースを留める部分が切れてしまっている。
だから、皮で作ってみるかな。















皮に元のケースの型をチャコペンシルで書き写す。









皮を切り取る。











切り取った皮を合わせて、先端部分と入り口部分の左右に穴を空け、
ピラミッドカシメを取り付ける。

















手縫いの穴を専用の工具で空ける。

皮専用の針で穴を空けた部分を縫い合わせる。





ホックを取り付ける。




































完成!!


















良くできました